2014年03月17日

ツール・ド大津

3/15、16の休みを利用してシュガー氏とツール・ド大津をやってきました。
シュガー氏の仕事が終わってからの出発なので往路はJR東海&西日本を利用。
なので厳密に言えば大津出発のツール・ド岐阜なのですが(笑)。
18:30にシュガー氏宅へ到着し、垂井から電車に搭乗したのですが待ち時間が30分程。
考えた末に「居酒屋どん」で生ビール一杯だけ。
飲み終えて駅に向うと早々に輪行袋に自転車を詰め込み電車待ちます。
限られた時間を有意義に使う、旅の鉄則を遵守するのです(笑)。
大津まで行くには米原で乗り換えです。東海管轄から西日本管轄のなるのでしょう。
自分はトイカで乗り込んだので後々面倒でした。
米原に着くと向かいのホームに電車が待っているのですが、これまたタイトな運行スケジュールでしてノンビリやってると乗り遅れる感じです。
もう、速攻です。
乗り換えが済めば、あとは目的地の大津駅まではノンビリできます。
しかし、東海管轄の電車には「車椅子」のスペースがありますが西日本管轄の電車にはそのスペースがありませんでした。
車椅子の方が居られなければ、そこに袋詰めのロードバイクを置いておけます。
乗客の方にも迷惑をかけずに済むってのも有るんですが、実際に車椅子の方が乗車した時も自分の身を置くスペースが確保できますよね。
それが無いのはどうなんでしょう?
チョット考えてしまいました。
大津に到着してホテルに先ずは向かいます。
改札口でTOICAをピッ!と。
羽根が広がるどころか、威圧感の有る赤色表示でバツを出して来ます。何回ヤッテモ赤色表示!
すると駅員さんが来られて説明を受けました。
東海と西日本では管轄が違うのでTOICAは使えへん。
一旦清算して現金で払えとのコト。
知らんかったとは言え、JRやん!
同んなじ会社やん!
名古屋の地下鉄、東山線でも使えたで!
ごねても仕方ないので笑顔で指示に従いました。
さ、ホテルでチェックインを済ませたら、叔母の営む「ラウンジ・ジュン」で呑みとなります。
旧友のMも来てくれてました。
ホンマにフットワークの軽いヤツです。
店に行った時間もソコソコ遅い時間でした。それに話も盛り上がり、翌日100km以上走るのにもかかわらず、ドップリ、そしてシッカリ日付が変わるまで呑み続けました。
トドメは夜中の2時にカレー蕎麦、そしてビール!
ヘパリーゼを購入して宿に戻りました。
続く…。
posted by koji at 22:44| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。