2011年11月04日

彦根城まで走る。

 朝方は雲の多いどんよりとした空模様だった。
 彦根まで行けないかも知れないなぁと、ほんの少し思っていたが西に向うほどに雲が切れて行った。

 久し振りに「ブルース・カフェ」のマスターとロングライドをコナス事になった僕は、前日の痛飲にもマケズに待ち合わせ場所の「二輪ハウスキタムラ」さんへと向かった。

 少々(随分か・・・)待ち合わせ時間を過ぎてしまっていたが、待っててくれた。
 ゴメン!。

 この日は米原の「忠太郎食堂」で、マスターの奥さんとご子息も交えて昼飯を頂こうって予定に成っている。
 早く行かなきゃ待ち惚けをクワシテしまうのでって事で、ソコソコのスピードで西へ向う。

 中山道は何時走っても気持が良い。
 切れ目なく続いてくれてたらモット楽しいし、嬉しいのだが所々「分断」されているのが残念だ。

 赤坂宿を抜けて垂井方面へ。
 垂井宿に入ると、自転車の神S氏の理容店が有る。

 覗いてみた。
 当然ながら御仕事中だったので、手を振ってご挨拶。
 すぐさま米原へと向う。

 西向き、しかもマスターと2人ってのは今年3月の忌まわしい出来事を思い出させたので、改めて無理はしないと心に誓いながら走る。
 
 関ヶ原方面は中山道が途中で切れる。しかもソコソコの距離を21号線で向かわなくては成らないが、以前見つけた裏通りも使いながら安全に走る事が出来るルートを選択した。

 兎に角「車」の少ない道を選び走りたいのだ。

 今須峠は、また中山道を抜ける。
 登りばかりだが気分は良い。
 
 今須宿を抜ければ、直ぐに柏原宿へと入ることが出来る。
 ここいら辺りが一番走り易く、道も安全で快適だ。

 柏原宿の長い道のりをコナスと、醒ヶ井宿に入る。(しばし21号線を走るが・・・。)

 醒ヶ井宿を抜けている頃にマスターの奥様から電話。

 な、なんと「忠太郎食堂」がお休みとの事!

 キスフライ定食がぁぁ、と凹む。
 エネルギーの補給を楽しみにしていたボク達はテンションが下がるのだが、休みなのは仕方が無い。

 目的地の彦根城まで走り、現地で食事をする事にして奥さん、ご子息は車で、我々は自転車で彦根を目指す。
 忠太郎食堂から西に走った事が無い僕は、裏道が解らない。
 なので、21号線を米原駅方面に向って走る。
 やはり、休日でも、いや休日だからこそ車の往来が激しい。
 危険な道は早めに抜けたいので、ソコソコのスピードで飛ばす。
 マスターと少し離れたが、2台が連なって走るよりも多少離れた方がこの場合は「良い」。

 車からすれば2台の自転車を抜くよりも1台を抜く方がクリアしやすいからだ。

 何とか21号線をクリアして米原駅へ。
 国道を逸れて走りやすい道に乗ると、マスターの記憶を頼りに、そしてi-phoneのマップを使い一路彦根城へと向う。

 風も穏やかで暑くも無く寒くも無い、正に自転車日和だ。

 鎖骨をブチ折ってからは、この素晴らしい感覚を忘れていた。
 やはり乗らなきゃダメだ。
 体もモット苛めないとダメだ。

 楽な事ばかりしようとしている最近の自分を恥じた・・・。

 マスターとは他愛も無い話をし、写真を撮っては爆笑しでホントに楽しい。

 ツーリングの場合は出来るだけ相手のペースに合わせる事が大事だと思う。
 自分も骨折で余儀なくされた「ブランク」は直ぐには埋まらない。

 脚も弱っているし肩の具合も気に留めながらのロングランだったからマスターも色々と気を使ってくれた。
 まだ「ガチ」で走られると、着いてイケナイってのが現状だ。

 そうこうしている間に、彦根城が眼前に現れた。

 おぉ、何年ぶりだ?彦根城なんて!

 そこでマスターがイチオシの団子屋さんで「みたらし」を買う。で、喰う(笑)

 今まで食べていたみたらし団子とは、、明らかに違う!
 ヤバイくらい旨い!
 
 そしてお土産用を購入し、マスターの奥さんとご子息が待っている場所まで移動する。

 ご機嫌坂道なご子息にみたらしをススメルと、まぁなんとも愛らしい笑顔を見せる。
 元気一杯な2歳である。

 この日は「小江戸彦根の城祭り」が開催されており、パレードが有ると言う。
 俳優の的場浩司氏も来られて居るらしく、大変な賑わいを見せていた。

 そんな人混みを掻き分けて食事をする店を探すのだが、当然ながらどの御店も「満員」である。

 数件のお店を覗きようやく空きの有る店を発見。

 マスターとボクは「命の泉」を注文し喉を潤す。
 そしてチキンカレーに舌鼓を打ち、マスターご一同はハンバーグと同じくチキンカレーで空腹を満たした。
 御店を後にする頃には、ご子息も随分とボクに慣れて来たのか、「抱っこ」をセガマレタ(笑)。

 手をつなぎ人混みを歩く。

 ん〜、子供って良いかも!

 到着した頃よりも多くの人が集まりだしていた。

 「的場さん目当てですか?」
 「ハイ。」

 ってな感じである。

 マスターは夜の営業が待っているので、ユックリもしていられないし明るい内に地元まで戻りたかったのでパレードを見るのは諦めて「彦根港」へ向う。

 途中、道を間違えたりしたが無事に彦根港へ到着。

 しばし語らい再度帰路につく。

 久し振りの長距離という事もあり「脚」にハリを感じ出したが、膝や足首等の間接は大丈夫。
 鎖骨部分も、ダルさは有るものの「痛み」は無い。

 ノンビリ走りながら、談笑しながらの戻り道は「楽しい」。

 柏原宿まで戻った僕らは最近出来た「カフェにしむら」で休憩を挟んだ。
 中山道沿いに出来た、小さなカフェである。

 気さくなおばちゃんが相手をしてくれた。

 岐阜県に入り「赤坂宿」に辿り着く頃には日が沈み始めて来た。

 キタムラさんでホンノ少し話をしてマスターと別れた。

 一人で走ると、たかだか10km程の距離がとても長く感じてしまった。
 やはり仲間と走るのは楽しい。

 楽しい時間を過ごせました。
 有難う、マスター。

 因みに本日は、、全身微妙な痛みを感じております(笑)。

 お読み下さり有難う!
posted by koji at 11:26| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。